自分に合ったサイズのものをと言うけどランニングタイツのサイズってどう選べばいい?

今や走る上での必需品となりつつある、ランニングタイツです。

特に冬場は防寒の意味もあって、これは欠かせないという人は多いです。

機能盛りだくさんでランナーを助けてくれるランニングタイツですが、これサイズが合っていないと効果も半減してしまいます。

サイズ選びは慎重にと言われますよね。

ランニングタイツの効果のうち

ランニングタイツの効果というのは、本当に盛り沢山です。

紫外線も防いで脚を守ってくれますし、かいた汗を放置せずに吸い込んでくれます。

これが1枚あれば、冬の寒い日のランニングでも筋肉を冷やすことを軽減できます。

トレパンでもいいのですが、走るのにじゃまにならないと言えばやはり、ピッタリとしたタイツにまさるものはありません。

ここまでの機能は実は、普通のタイツ普段着用のタイツでも近頃搭載されています。

特に保温に関しては、走るという運動を想定していない普通のタイツのほうが、あれこれ機能がついていますね。

ランニングタイツの場合、走るという運動をする目的でのタイツですので、あまり保温しすぎても余分な汗をかくのでおすすめが出来ないのです。

ここまでの機能は本当に基本的なものです。

しかしこれ以降、筋肉サポートや疲労軽減、関節部のサポートという機能については、ランニングタイツの独壇場です。

基本の機能、防寒やその他については特にサイズには大まかでも問題ありません。

しかしサポート機能については、これは自分のサイズに合っていないと、効果が出ないのです。

ランニングタイツのサポート機能とは

ランニングタイツには大きなサポート機能が2つあります。

この2つはタイツのサイズがしっかりと合っていないと、うまく効果を発揮できません。

筋肉のサポートと疲労軽減

着圧ソックスというものが一般的になってきました。

座り続けの仕事をする人から、手術後の安静患者まで、脚のむくみひいては血流の悪さを軽減するためのものです。

この着圧機能が、ランニングタイツの機能の1つです。

ちょっと締め付けが強い感じがするのですが、この締め付けのおかげで筋肉の無駄な揺れが抑えられるのですね。

まだ鍛えられていない筋肉は、走る時の動きが原因で揺れてしまいます。

これは走るのに邪魔になりますし、運動後の疲労にも関係してきます。

また着圧のおかげで血流が良くなるので、運動中の血液循環も良くなるのです。

関節部のサポートはテーピング効果と同じ

固める方のテーピングではなく、キネシオロジーによるテーピングは、関節部を動かす時のサポートになってくれます。

固定までは行かないけど、でも動かすと痛みがあるとか、関節部の保護のためなどに用いられます。

ランニングの場合特に、膝関節に大きな負担をかけてしまいます。

なのでランニングタイツにはこの、テーピング機能がついているものもあります。

直接のテーピングと同じように、関節部を保護するように設計がされていますので、肌が弱い人などにはおすすめですね。

走る人だけでなく、膝関節にトラブルのある人の日常生活にも、役立ってくれます。

サイズが合わないとせっかくのサポート機能が

例えばテーピングンの場合、普通にやるなら肌に直接にテープを貼ることになります。

直接貼っているのですから、ずれることもないですしベストな位置に貼ることが出来ます。

、しかしタイツの場合、履き方もですが特に、サイズが合っていないと丁度膝の位置にピッタリ合わない、なとということもあるのです。

きちんと履いているのに、縫い目が合わない場合はサイズが違っているためと思っていいでしょう。

関節部のテーピングは、その位置にテーピングされなくては効果はありません。

履いて使うランニングタイツの場合、動いてもしっかりとその位置からずれないような、サイズによく合ったものを利用する必要があります。

また筋肉サポートや疲労軽減についても、これは着圧で行いますので、ゆるすぎるサイズとかでは意味をなしません。

もちろんきつすぎても、血流を悪くしたり走る時に余分な力が必要になるので、これもおすすめできません。

きつすぎず、ゆるすぎないサイズのものを選ぶ必要があるのです。

自分に合ったランニングタイツのサイズとは

殆どのランニングタイツの場合、サイズはS、M、LこれにLLが加わることがあります。

少なくとも量販店や、スポーツ用品店で普通に販売されているタイツは、こういったサイズのものです。

しかし体型というのは難しいもので、長さに合わせるとゆるいとか、脚の締め付けがちょうどのものだとウエストがゆるいとかの問題も出てきます。

実際ウエストが目立って細い人の場合、ウエストサイズに合わせたら脚が入らないなどということもあるのです。

なのでランニングタイツ購入時には必ず、試着をしてください。

試着なしに、ウエストサイズだけ見てとか、身長だけで選ぶのはちょっと問題が起きてしまうこともあります。

自分に合ったサイズのものを選ぶには、できるだけ専門店での試着がおすすめです。

専門店なら中途半端に合わないという問題が出ても、スタッフからのアドバイスも受けられるからです。

購入時には、試着してできるだけフィットしたものをと、心に留めておいてください。

まとめ

通販などでも便利に購入が切るようになったランニングタイツですが、その機能を享受したい時にはサイズの問題は外せません。

同じサイズの物でも今度は、布地のストレッチの質が違ったりするとこれまたきつすぎたりすることもあるのです。

購入時、選択時にはできるだけ試着、問題があれば相談してを心がけてくださいね。