ランニングタイツを履く前の大きな疑問!インナーはどうしたら良い?

履くとランニングが格段に楽になると評判なのが、ランニングタイツです。

サポート機能や着圧機能、日焼け防止とか防寒など多くのお役立ち機能があります。

でもちょっと気になるのが、これ履く時にインナーはどうしたら良いんだろう、ってことですね。

ランニングタイツはランニングにお役立ち

何と言ってもこれを履くと、膝などの関節部がサポートされて格段に楽、と言う意見が多いのがランニングタイツです。

もちろん防寒や紫外線避け、吸湿にも役立ってくれますから愛用している人は多いですね。

コンプレッション機能ももちろん、疲労軽減に役立ってくれます。

なのでこれからランニングやジョギングを始める人も、これは1枚購入しておいたほうが良いだろう、と思うのは当然です。

ちょっとお値段高めなのが悲しいところですが、良いランニングタイツを購入できれば、特に初心者は初めてののランの後多少は身体が楽になるものです。

自分に合ったランニングタイツ、上手く手に入れたいものですね。

しかし手に入れて、履き方もレクチャーしてもらって、良し出陣と思った時にふと気になるのがインナーです。

これランニングタイツの下に履くべきなのでしょうか。

そのあたりも、初心者としては知っておきたいところですね。

ランニングタイツの下にインナーは履くかどうか

これについては履く履かないで、それぞれメリットデメリットがあります。

また個人差で、感覚的にという点でも意見が別れます。

代表的なメリットとデメリットを上げていきますね。

インナーを履くことのメリットとは

特に女性の場合、直接ランニングタイツを履くという点だけで、抵抗感を感じる人もいるはずです。

そうした人の場合、効率的にもインナーを履いたほうが精神状態の面からもおすすめです。

履かないほうがタイムが良くなる、と言われても実際に気持ちが落ち着かないのでは逆効果も生まれます。

またランニングタイツの種類にもよるのですが、縫い目が肌にこすれるということもあります。

肌の弱い部分だと、走っているうちに痛くなってきたりもします。

こうした場合にはインナーを履くほうが、ずっとタイムも伸びるはずですね。

インナーを履かないことのメリットは

直接ランニングタイツを履くということは、しっかりサポートを享受できると言う意見が多いです。

ここに1枚インナーが入ると、タイツによっては機能が充分に発揮できないというものもあるのです。

なのでレース参加の場合など、ベテランは履かない派が多数ですね。

またインナーを履くことによって逆に、股ずれを起こすこともあります。

特に長時間のランの場合には、インナーとタイツ、インナーと肌のすれが大きくなってきます。

そんな場合はインナーを履かないほうが肌のためにも、タイムのためにもよろしい、ということですね。

インナーを履くか履かないかは気持ちの問題が大きい

身体的には直接タイツを履いたほうが良いとわかっていても、気持ち的に抵抗がということありますね。

そんな場合はどうしたら良いのでしょう。

インナーをどうしても履きたいと思ったら

こういった場合、きちんとしたインナーを身につけるようにしたいですね。

きちんとしたというのは、できるだけ肌にフィットしたインナーという意味です。

例えば男性の場合、ブリーフタイプのようなものが適しています。

擦れたりよじれたりする可能性を、少なくしたいのでこうしたインナーがおすすめになるのです。

ただし、フィットしていると言っても圧迫感のないインナーを選んでください。

もし予算に余裕があれば、スポーツ用インナーとかタイツ専用ショーツを利用したいですね。

こうした専用のインナーなら、動くことを前提に設計されていますので、走っている時の問題を軽減できます。

気持ち的にインナーを履きたいがでも

インナーをできれば履きたいけど、でもたしかに自分の場合履かないほうがタイムは良い、そんな場合もあります。

現実的にはインナーなしが良いと思っていても、でも気持ち的にはちょっとという場合もありますね。

そんな時にはインナーではなく、タイツの上にランニングパンツなど履くのがおすすめです。

いかにも短パンというデザインのランニングパンツ、ミニスカートタイプのランニングスカートなど、お洒落で可愛い製品が出ています。

これを1枚ランニングタイツの上に履くことで、抵抗感がかなり軽減されます。

走るのには確かにインナー無しのほうが軽くて気持ちいいけど、でもやはり恥ずかしいしと思った場合、これを利用してみてください。

気持ちにしこりがあってはせっかくの走りも気分よくとは行きません。

こうした工夫で身体的にも精神的にも軽く慣れれば、記録も伸びるというものです。

まとめ

実際のところ、メーカー側はランニングタイツの下にインナー着用をすすめているのです。

しかし肝心の利用者の気持ちと身体、これを無くしてはインナーの有無の問題は解決できません。

自分の走りのためにどちらが良いのか見極め、その後何か気持ち的に問題があった場合、解決策を考えていってください。